業界の抱える問題点

軽貨物運送業の収入面の問題点として、下記の問題を提起し解決出来る制度を、整備しています。

軽貨物業界の
抱える問題点・・
■契約内容が業務委託だけ■

 

軽貨物ドライバーの仕事に興味を持ったが

契約内容が業務委託だけの採用情報が

ほとんど・・・

社会保険に加入したいのに・・・


軽貨物業界の抱える問題点のひとつに契約形態が

業務委託だけの会社がほとんどという事があります。

 

元々軽貨物運送事業というのは個人で開業が出来る為

個人事業主という働き方が主流でした。

40代や50代の方で中々再就職先が無いと悩まれていたり

定年を過ぎてもまだ働きたい!という方にとっては普通免許と

軽自動車さえあれば働けるという間口の広さもあります。

 

しかし、10数年前から比べるとネット通販の隆盛も相まって

軽貨物運送への需要は非常に高まっています。

 

1日に100個以上の荷物を配送するような現場も非常に増えています。

そうなるとやはり、若い世代やミドル世代の沢山の方にも働いてもらわなければ

ならない状況に、今はなっています。

年金が破綻する!

今から払っても貰えない・・

などの社会問題もありますが個人事業の不安定さや、社会保険の充実内容等々

正社員として働きたい! と思っている方が多いのも事実です。

 

しかし、この軽貨物運送業界は昔の商慣習のまま

個人事業主として契約しているケースがほとんどです。

それも、本来の内容を履き違えているケースも多々見られるのが

現状です。

目先の収入だけが全てではないと考える人も

一定数存在している事を考えると、契約内容も考えなければなりません。

そして会社としても長く働いてもらえる方が理想的です。

その為には長い目で見て、安心して働ける環境を整備していく事が

必要となります。

 

アイディールではこのような問題を

解決する方法をつくっています。

アイディールの『特徴』にその他の問題点を解決する方法も合わせてお伝えしているのでご覧いただけれと思います。

次へ 投稿

前へ 投稿

© 2019 業界の抱える問題点

テーマの著者 Anders Norén