従業員にとっての理想の職場を目指す

インターネットの普及、ネット通販の隆盛により配送件数が増加し各企業共に自社の社員では
配送が処理しきれないという問題が起きています。
そこで社員の休日を確保しながらも配送を円滑に行う為に、当社の様な外部業者に
業務を委託するという動きが全国的に広まっています。
社会問題になっている運送業界の労働環境の改善の為、ひとりでも多くの方の力が必要とされています。

ヤマト運輸
■1日の流れ■

8:00~ 集配センター到着・1便荷物積込
9:00~ 配達開始(配達完了次第休憩)
13:00~ 集配センター帰庫・2便荷物積込
14:00~ 配達開始(配達完了次第休憩)
17:00~ 集配センター帰庫・3便荷物積込
18:00~ 配達開始(配達完了次第休憩)
21:00~ 集配センター帰庫・締め作業後帰宅
※時間指定荷物の状況により変動あり

佐川急便(ナイト便)
■1日の流れ■

16:00~17:00 集配センター到着・指定ドッキング場所にて荷物積込
17:30~ 積込み終了次第出発
18:00~ 配達開始(指定時間厳守・代引荷物等は事前連絡)
21:00~21:30 集配センター帰庫
      持ち戻り荷物の整理、伝票貼付け完了後、指定場所に戻す
      配達完了伝票提出、代引き集金代金の入金、端末等の返却
22:00~ 作業終了後帰宅

今の仕事に満足していますか?

5年後、10年後に不安はありませんか?
アイディールでは理想の働き方を追求しながらも
将来を見据えた働き方が出来ます!!

Amazon
■1日の流れ■

8:00~ 集配センター到着・荷物積込
9:00~ 集配センター出発・配達開始
休憩 (配達終了時間による)
14:30~ 集配センター帰庫・荷物の仕分け(全体)・仕分け完了後に荷物積込
21:30~ 配達完了、センター帰庫・不在の荷物を降ろし、点呼を受けて終了

LOHACO
■1日の流れ■

15:00~ 集配センター到着・朝礼 コース毎に指示書配布・荷物仕分け・積込
16:30~ 集配センター出発・企業配、LOHACO( オンタイム便)配達開始
       ※センターやコースによって配送方法の違いあり
      【例】16:30~法人向け商品を会社や店に配送
         18:30~個人宅向けLOHACO商品を指定の時間に配送
22:00~ 集配センター帰庫 業務内容記載の日報、配完伝票の提出
       不在荷物を指定の場所へ戻し・業務終了

理想的な働き方が出来る環境づくり

夢を持って働ける、働き甲斐がある環境づくり

配送業は営業職と違い、自身のスキルを磨く事により結果が必ず出る職種だという事が言えます。
営業マンはセールストークやプレゼンスキルをいくら高めたとしても必ず商品やサービスが売れるとは限りません。
しかし、ドライバーに求められるスキル
(担当エリアの住所や道路状況、在宅状況、宅配ボックスの有無等)を
高めて行けば行く程、効率よく配達する事が可能になります。
配達件数が上がれば必然と売上も上がり、結果的に自身の収入も上がります。
結果がわかりやすく出る職種なので非常に魅力を感じる方も居るでしょう。
年齢や性別に関係なく自身の努力が評価される仕組みがアイディールにはあります!!

安定しながらも、安心して働ける環境づくり

ドライバー職の抱える問題点として
「ずっと走り続けなければならない・・・」
若い内は体が動くので問題ありませんが、歳を重ねる毎に体の不調は出てきます。
ドライバー職のミドル世代が抱える悩みを解決し、安定した収入が得られる仕組みが必要です。

そこでアイディールでは自身の売上だけでなく、リーダー手当や営業手当等を充実させる事で、安定しながらも安心して働ける環境を整えています。

求人採用のエントリーはこちら

求人採用/エントリー